おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

子育ての終わり

遠方から来た友人のお誘いがあって
女3人で食事に行った。

最近、マジダイエッターの私としては
飲み放題食べ放題にはちと??だったが懐かしいお誘いに
いそいそと出かけた。

友人はかつてアパートの、二階と一階の関係で
我が家に7年ぶりに、息子が産まれた頃には
1歳と3歳の男の子がいた。

もうひとりにも同じ年頃の男の子と女の子。

三人で、最近の「息子たちの近況報告」となったが
私たちの瞳には
あの頃の・・・スモック姿で
公園の陽だまりをよちよち歩いていた
あの子達が浮かんでいた。

三輪車で
「ヨーイドン!!」遊びをさせていた頃

母たちの誰一人も、
将来、心配と不安で胸をかきむしられる思いをするなんて
想像もしなかったね。

お洋服を回しあったり
予防摂取に行ったり・・・

「男の子はこんなに大変だと思わなかったね~。」
しみじみいうと
「ほんとーーよーーー。」と相槌を打つふたり。

何度、学校に呼び出された、とか
何回警察に迎えにいった、とか

高校を変えた話、事故を起こした話、
眠れぬ夜をすごし
暴力があり
そして彼らは自分で稼ぐように、一人前の社会人になっているという。

それぞれに巣立って
社会人になってるけれど
うちはまだまだ3,4年はあるよね。
次男は中二。

この夏が過ぎて
体育大会の準備がはじまると
スポーツ系の部活の子供たちは
死に物狂いで忙しくなる。中体連があるからだ。

秋になり、涼しい風が吹き始めると
母はまた
息子の不登校のきっかけになった事件を
身体が思い出して
メンタル的におかしくなってしまう。

「かあさん、ごめん。泣かんでね。俺もう学校には行かん。大人の言うことは聞かん。」
死ぬまで忘れることのない言葉だ。

今はもう、息子自身は歩き始めてるというのに。
息子の中学時代を
次男のタイムテーブルと重ねて
中二の息子の身に起こったことが
まもなく次男にも起きるのではないかと想像するだけで

あの5年前の怒りと悲しみは一瞬によみがえってくる。

子育ての終わりを、記しつけられるとしたら

親なしでも生きていく強さを
子ども自身が持ったとき・・・・・だとしたら

心配し続ける親をもつ子供は
いつまでたってもその“視線”のなかで大人になりきれないものかもしれない。

三人いれば三人の子供との関係があり、信頼できるか出来ないか
培ってきた歴史と、母親の直感がある。

この直感というものは、厄介だな・・とも思う。
この感覚に縛られて
母は心配が絶えないからだ。

子育ての終わりは、自分で腹をくくることなんだろうか。

ふたりの友人の安堵したような話しぶりを
羨ましい気がした。



スポンサーサイト
  1. 2009/08/20(木) 16:34:03|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。