おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

参観の挨拶

参観は雨だった。

次男の教室につくと窓際に座る次男がすぐわかり、
近くまでいって隣にそっと立つ。

手を伸ばせばとどく距離で
次男をセンセイに見えないようにつっつく。
母をみて
満面の笑顔。
こんな曇りの日は、次男の髪の赤さは・・・・目立つ。(天然)

『懇談にかならず残るように』と夕べ連絡網が回ってきて
今日は、そうとうに防寒対策をしてきた。

学校って、寒いですよね。
長女、長男のときと違って、母は50代。
トータル2時間たちっぱなしはこたえるわ。

懇談では、受験の状況とか、倍率とか、対策とか、
ええっと、
卒業式の容儀に注意、・・・・はぁぁぁモヤッボールが飛んでくるぅう
あと、案の定、委員長さんが

「センセイへの感謝とか、一年の振り返りとか、一言づつどーぞ。」

恒例ですが、いつまでたってもなれないもので
声が震えて、のどがつまる。
後ろの席の、息子さんが5月から不登校になってるというお母さんが

とっても冷静で、しっかりとしていたので
すごいなぁ・・・と尊敬してしまいそうだった。

最後の方は、なんか問題があったのか
『迷惑をおかけしました』
『息子がわからなくなった』
『どうせっしていいか悩んでる』

涙声で語られた。

母は、まったく内容を知らなかったが
知らないということは、平和でいい。

頑張れ、私もそうだった。
息子が見えなくなって、解からないときがあって、トンネルの中にいた。
クラスメートに迷惑をかけたとか
学校に迷惑をかけたとか
思ったこと無い。
不登校は、本人にとって「自傷行為」だったんだから。

委員長さんの番になると

なんと、幸せなお母さんかと思った。

娘と、お風呂に今でも入って、なんでも話してくれるそうだ。
隠し事はなくて、親子というより、姉妹みたいに暮らしているそうだ。
『わが子ながら』とってもいい子で・・・
役員も楽しくて、みなさんもぜひぜひ経験してください。
(じゃ、来年もどーぞ)とひそかに思うと
来年度は本部役員を引き受けたので、そちらで頑張ります・・とシメタ。

隣で、うつむいていた先ほどの涙の若いお母さんが
教室から出て行く後姿を追いながら
(別の小学校から上がってきた方なのでお話したことはない)
彼女の切なさを、思った。

なんでも興味ありそうな、チュニックドレスのお母さん方が(笑・・ねたみです)
センセイと子供たちに起きたアンケート事件について、力説していた。

そんなことにエネルギーは使わないエコ暮らしをさせていただいてます。

母の最期の教室での挨拶はこうです。

「○○の母です。
持ち前の天然さが、中学で理解してもらえるか、もらえないか、
友人関係が一番心配でしたが、今の所は楽しく生活しているようで安心してます。
(あ、しまった安心という言葉はいわないつもりだった・・・とそこで思う)
まだ、ひきつづき心配はしています。卒業まで、です。
うちは、パニックになるので
追い立てない、脅かさない、ほどほどでいい・・という精神でいます。
(なぜか、うんうんとうなずくお母さんが目に入った)
先ほどからの受験の話、校則(罰則といいたかったが我慢)の話、
・・・あと2年続き、ますます緊迫してくると思うと、
息子は、そうとうストレスためて帰ってくるんだろうなぁ・・・としみじみ思いました。
(あちゃ・・水を差しちゃったわ)

・・・・(言葉が出てこない)・・・ええっと、また来年同じクラスでしたら、よろしくお願いします。」



学校に期待してないし、責任転嫁もしません。
将来のことはうちで考えますから大丈夫です。

ただ、3年間ほど、預かっててください。(法律ですし)
他人に迷惑はかけないように、頑張ってると思います。
ですから、センセイの思い通りにしようとして
くれぐれも殴るとか、罵るとか、することの無いように
職員の皆様で、互いの管理をお願いします。


ほんとはこう言いたかった。

こうやって発酵させてしまうと、うまく気を抜くまでに時間がかかる。

だから、参観日での母親たちの会話は、聞かないほうが、私は、いい。


スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 10:31:09|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

気にしない

あたたかくなってくると
婆ちゃんが、玄関先の椅子に座るようになった。

通りをあるく人の姿を見ている様でもあり
私たちの生活を見ているようでもあり

日曜日の朝、
父が洗濯物をかかえて1階ベランダの障子を開くと
そこにつかまり立って、室内を伺っていた婆ちゃんと、かちあわせた。
婆ちゃんはすかさず
「○○さんは(私の名)?」
と聞いた。

やっぱり、一番の関心は私らしい。

気にしない気にしない・・・と言い聞かせてトイレから出てきた私は
まだスカートを下ろしきっておらず(><;)

ずっとベランダてすりにつかまって私を探していた婆ちゃんの前に現れたもんだから
私も「あああ!」と隠れる・・・婆ちゃんも黙って身をかわす。

自分の姿が室内から見えないところへ移動して
私を探しているようだ。

こっちからは、まるみえ。

気にしない気にしない。


慣れ・・・ってすごい。

対面式のキッチンに立つと、婆ちゃんの部屋からすこうし隙間を空けて
私の姿がのぞけるんだけど
カウンターに食器棚置いて、見えなくしていたの・・・
その食器棚、動かして
やっぱりリビングは、明るくなくっちゃ・・ね。

爺ちゃんが、最近、朝早くに駐車場から
バケツに水を汲んでいる。
どうも、洗濯物を手で洗ってんのかなぁ~って感じ。

私たちが休みの日は、出てこないで、洗濯機を遠慮してるみたいだ。

私たちが外出をすると、きっと爺ちゃんは、こちらの生活圏に出てくるから
読むはず・・・・とリビングに書置きをして出かける。。

「お義父さん。洗濯で気苦労してるんじゃないですか。遠慮なくつかえるように、お義父さんたちが持ってきた洗濯機を外にも設置しようと言うことになりました。寒いときは、室内で、いつもどおり使ってくださいね。」

父(夫)とガタガタ車庫の洗濯機設置移動をしていたら
耳のいい婆ちゃんが大騒ぎをして爺ちゃんに言っている。

「なんか音がするが。行ってきて見てきね。なんしよっとか、見てきね。」

爺ちゃんは、張り手紙にはなんの返事も反応も無かったが
「いいとじゃが。お前は心配センで。」と婆ちゃんを促す。
やっぱり、洗濯では困っていたんだ。
遠慮してるんだなぁ。

婆ちゃんは、排泄がうまくできなくなってるように、思える。
洗濯物で感じる。
でも、そのために洗濯機を設置したいという爺ちゃんや
爺ちゃんを助けたい私たちの気持ちよりも

自分がそういう世話を受ける状態だということを、私たちに知られたくないという婆ちゃんのプライドが最優先で今は守られている。

自尊心?っていうのかな。
アルツハイマーって最後まで、それはあるっていうし
忘れていく自分が判るって言うし
恐怖でもあるらしい。

何もできなくなるのに・・・残るプライド。
紙オムツを嫌がるお年寄りの“尊厳”は我が儘と呼んでいいのだろうか。

同居のはじめに
私が全部の洗濯物を干していたら、爺ちゃんが
「オレたちのはセンでいいから・・・アレが嫌がってよ・・・干す所も別にするわ。」
と言った。
爺ちゃんの手は、荒れていた。

それなら、と父が干すようになったが、それもダメだった。
下着を見られて判断されたくないのだろう。

これからさき
爺ちゃんがお世話できなくなる日がきたら・・・と考えると、ちょっと怖いな。

でも、気にしない気にしない。

私がしないことだけは、明白だな。

どんなに分からなくなっても、最後まで
私のことだけは分かってると思うから・・・・。

気を許せない関係は、案外、
私を、最後に守ってくれたりもするのかな。

気にしない、気にしない。





  1. 2009/02/21(土) 01:56:40|
  2. 二世帯の暮らし|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

時々、はればれ

090207_1033~01

ほんとにたまにだけど
父も母も休みで居るとき
特別の用事もなくて

息子が新聞配達がお休みで
家族と同じ時間に寝て(配達が休みの前夜は、バンド練習があるので外泊)
家族と同じに起きてきて、こんな日中に
どうしてすごそうかと、うろうろしてることがある。

そして
そんな時偶然にも義父母が出かけるといって、車で出て行った。

母にとっては、絶好の大掃除タイムである。ポン

部屋中開け放して、コタツを上げ、
「洗ってほしい人、シーツ出してぇ!!不燃物、空き缶、空きビン、全部出しなさぁい!!!」

*もっぱら対象者は息子

次男の部屋のサッシ窓が、サササーーーと開き
掃除好きな次男が自分の布団を干し始めて
(いい場所は早い者勝ち)
息子は、薄汚い毛布を抱えて
「母さん、これかぶると喘息がでる毛布。」
と降りてきた。

「はいはぁい。洗濯機担当はお父さんよ~。」  ノシマカセテ (爆)

続きを読む→
  1. 2009/02/07(土) 20:45:00|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

私の問題

中学校の地区役員の順番が回ってきた。

ほんとはあと二人ほど居るんだけれど、その人達を順に回せばうちは卒業で、
まあ、免れるわけです。

その二人は、まだ、下がいるから飛び越して・・・最後の中学生がいる我が家へ。


それで、

地区役員の引継ぎに行って、自分の担当班の家庭の事情っていうやつをいろいろ聞くことになる。


ここは、集金に行ってもくれない、とか。

ここは、25日以外は絶対ダメ、とか。


ついでに、

「ここの子は学校行ってないんだわ・・・・・
なんかサ。自律神経だかなんだか知らないけど
結構元気で、うちの周りで夕方はぶらぶら遊んでるのよね~」

ぎゅうと、胸が締め付けられる。

自殺したお父さんを持つ○○クンは、(その精米所で私はバイトした)いつも元気でウォークマンをつけて
自転車で、高校行ってるね・・・だとか。
大きくなったね…どうなることかと思った・・・とか。

なんか、吐き気がしそうだった。
なんでだろ。異常反応かな。


ひとりだけ、次男の同級生の三男を持つお母さんがいて
うちの事情も知っており、ご自分も長男次男でご苦労されて
よく話をする方が、

“ダンマリ団子郎”になってる私をみて、眉間にしわを寄せて苦笑いして見せた。
彼女も実は訳ありで、こんな話は大嫌いなんだ。

若いお母さんはしゃべり続け、ついに私も口を開いた。

「かわいそうにね。きっと理由があるんだろうね。本人が一番辛いんだと思うよ。」

「でもぉ、すっごく元気に遊んでるんですよぉ、普通の日は。」

「じゃ、なおさら、相当の理由があるんでしょうね。」


不登校が、
大変なことをしていると思うなら
その大変なことを経験している家族の心情を思えば

野次馬的な
うちは問題ない・・・みたいな
よそはどうしちゃってるの、みたいな
そういうの、未熟者なんだよ。

ま、必要なときがきたら、わかるさ。

死ぬまで分からないことを、幸せだと思うなら、そうであるように私も願ってあげよう。

「人は誰でも自分の望む幸せに向かって
自由に生きる権利を持つ」



いつかの人権セミナーで聞いた基本的人権の定義を思い出した。

そうだった。
いろんな意見があっていいんだから。
優劣じゃなくて、価値観の違いだ。

価値観は変わる。
経験によって、どんどん変わる。

いちいち敏感に反応する、この自分こそが
自分の課題なんだろうな。

  1. 2009/02/03(火) 23:31:50|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

このごろの母

今年始めごろから
「あすけん」に登録してます。

ちょっと本気のダイエット中です。



なんもかもさらけ出して日々試行錯誤しています

痩せて、なんか自信つけて、ちょっと勇気出して、会社辞めようと思い立ってます

とか何とか言いながら

理由はどうでもいいのです


最近は100点満点も出しました

やっぱり点にこだわる年代ですか

ハンドルネームは変えてますが

ダイアリー読んだらバレバレ苦笑

かもね。


体重・体脂肪・三度の食事

自制心の無さと、大食振りまで、公開中。

1ヶ月で2キロ減、毎日10000歩が目標です

毎日、ヘルシー食事で

息子が「肉!!肉!!」と訴えています。







  1. 2009/02/02(月) 21:33:54|
  2. 痩せる;考|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。