おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自己防衛

息子の事件から一ヶ月を過ぎ、相変わらず誰一人やって来ない。
メールもなく、電話も無いようだけど
父は「それでいい。」と言う。

仕事から帰ると、玄関にたくさんの制靴が散乱しており
賑やかな笑い声が聞こえていた頃は
父は、実は相当我慢していた事がいろいろあったようだ。


事件後から息子は
新聞配達から帰ってくると、朝食をとりながら
賑やかな家族の出勤や登校を横目に見送ってから
最後にうちを出る母に
必ず、家中の鍵を閉めて欲しいと言い残して、自室で眠りに入る。

8時間睡眠だとすれば、午後3時には目を覚まして、これまでは
集まってくる友人とのお遊び時間だったのだろうが
今はひたすら眠る。
家族が揃う夕方5時以降でなければ
絶対に起きてこない。

(太陽が昇ると、寝て・・太陽が沈むと、起きる)

「ご飯の時間だよ~。」の我が家の合図。
いつものようにベルをカラカラと鳴らすと
階段をドドドドドドッと駆け下りてくる。

(牙は・・・・ない。)

家族の夕食が、息子にとっての朝食だけれど
家族の誰一人、「何時まで寝ていたのか。」なんて聞かない。

(ニンニク料理も・・もりもり食べる。)

「やっべ~オレ。寝過ぎじゃわね~。なんでか、起きれんちゃ・・。」と
自分から、言い出さない限り話題にはしない。
息子が、レポートを確実に仕上げて投函し
スクーリングを休むことなく
そのうえ、きちんとバイトの責任を果たしていることで
自尊心は保ててるんだろうし、母も、今はそれで充分だと思っている。

いい若いモンが・・・この言葉は“死語”だ。

“眠り”は社会と自分を断絶するための自己防衛なんだろう。


続きを読む→
スポンサーサイト
  1. 2007/11/17(土) 16:13:48|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

母親に成り立ての頃

初めての出産は26歳で、
しっかり読んでいた数冊の本のマニュアル通りに
予定日を一週間もすぎた頃、
“おしるし”があり
10時間後には、対面した。


私は親戚のなかで、一番年上だったせいか
赤ちゃんなんて身近にいなくて
友人も結婚の遅い人ばかりで、子供を抱いたことが無かった。
新生児室で
透明のベビーベットに寝かされた真っ白な産着の娘に
さわれなかった母親だった。
他のお母さんの真似を見よう見まねでオムツを替えた。

妊娠中は
奇形児が産まれて、くちばしのある子におっぱいを含ませる夢をみた。
幼稚園に行く頃に、初めて、指が一本も無いことに気がついて
ワンワン泣きながら・・・目がさめた。
臨月だった。

はじめてのお産は、ほんとに不安で一杯。
実家に帰った私には、
いろんな方から
「まだ~?」と催促の電話があった。

妊娠7ヶ月にみた映画はE・Tで
分娩室でみた我が赤ちゃんもE・Tだった。

なにもかも初めてだったけど、育児は魅力的で楽しい仕事だった。
扁平の乳首に必死に吸い付いてくる娘は
かけがえのない存在だった。

E・Tみたいといいながら、心の中では“中の上”だと思い、
きっと大人になったらすごい美人になって
そこに
誇らしげな顔の、勝利の母がいるんだろう・・・って

世間も知らず

責任も知らず

ただ

産んだだけで成し遂げたつもりの若い母親だったなぁ。

子供服もぜんぶ新品。

3時間おきの授乳。

いつもメモに取り、すぐ熱を測り、何でも記録して、

消毒して、


這えば、床はピカピカに、歩けば、怪我のないように

親は自分の可能な限り、最高の教育をしようとして

愛を注ぐ。


それが、最初の子供なんだろうな。


予防接種や、冬の小児科の待合室。

もう遠い思い出だけど

娘は大病もせず、産まれたときと同じように育児書のとおり

順調にすくすくと成長してくれた。

首のすわり、寝返り、ハイハイ、たっち、歯がはえて、

乳首をかんで・・・・歩き、言葉が出始めて、

そして

「オカアタン」・・・と呼んだ日。

「あなたにそっくりな子がいいなぁ。」と願ったとおり

お父さんの性質を受け継いで

慎重で、堅実で、出しゃばらない子。

人を・・優先する子。

とことん我慢できる子。

とんでもないことを、けっしてしでかさない子。


母は、この夫と娘の忍耐に甘えながら

ずっと、幸せな日々を送ってたんだなあ。

20歳になって

自慢の綺麗な娘になって

巣立つ時には


思い切って

彼女なりに




思い切って、巣を蹴って飛び立った。




親業が、まとめて来ちゃったんだけど
今は、もう大丈夫。

もう4年経って、お母さんは
勉強しました。




  1. 2007/11/16(金) 00:49:06|
  2. 娘のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぁね

参観日は絵文字名を入力してください道徳の授業でした。

    仲良し3人組の会話。

    A子「(B子に向かって)足、太いね。」

    B子「○○○○○○○」

    C子「・・・・・。えぇ

    あなたがB子さんだったら、どう感じますか?



 ・あんたが細いっちゃが怒り

 
 ・うるさい、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ


 ・関係ないわやるせなし

 
 ・自分も太いくせに!

 
 ・それが何!?



    そう言う意見は早々と出揃った。


先生「他には~?」



続きを読む→
  1. 2007/11/13(火) 22:49:52|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

次男と絵画教室へ

先週の日曜日に、次男と一緒に

看板に引かれるように

「ぽんちゃん」たぬきち絵画教室へ行ってみた。

車一台通るような細い道をたどっていくと
体育館のようなアトリエがあり

四方がガラス張りの室内には、
絵の数々、画材や、オブジェや、胸像や、椅子が
さっきまで誰かが居たかのように


しん  とおいてある。


わくわくする空間。

次男の表情を見てみたら、興味津々。

最近見つけた「絵画教室」の看板は
マンガチックな狸がこっちこっちというように
背中をみせて道案内をしていて、いつも心にかかっていた。

いつか行こうよね~と話してはいたが
なかなか実現はしなかった、夏。

       実は、職場のビルの真向かいに画廊がある。
       8月に引っ越ししてきてから三ヶ月も経っていたが
       フラリとのぞいてみたら、絵画展が開かれていた。


       そこで、絵画教室の先生の絵を見つけた。
 

       若いその先生のお父様は、かつて
       次男が通っていた保育園で読み聞かせの会の後に
       子育ての経験を話してくださった事がある。

       うちのご近所で、小学校や中学校は子供達と同じだ。
       あのときの話の息子さんが
       こんな絵を描かれる方で(素敵な空の絵)
       アトリエを持つようになったのか・・・と。

初めてアトリエに行ってから、一週間後。

次男がすっかり行く気になって
今日は2人で申し込みに出かけた。

次男が、一人きりでも行けるようになる日まで(ホントはそれが目的)
母も、なつかしい学生気分で
これまたなつかしい画材を引っ張り出してきた。

絵画歴30年という女の方や
大筆で殴り書きしてるかのような美大生風の方や
大きな大きな顔をキャンバスいっぱいに描いている車いすのお爺さんの中に

次男と二人・・・まぎれ込んで

すっかり生活臭い親だぬきと子だぬきで
一心不乱に
“なんちゃって絵”を描いてきました。



静かな静かな贅沢な時間。

自分が解放されそうな時間。


時々お腹がギュルギュル鳴って恥ずかしかったポーン。たぬきち

【案内】絵画教室
      毎週土・日 9時~18時まで解放  
      好きな時間に好きなだけ、好きな物を好きなように。
      一般 5000円  学生(進学希望者)7000円
      うちは二人で一人前で。ハッピーブイ
      




  1. 2007/11/03(土) 23:45:24|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

義務感で 教え 育てて 何になる  

次男が6年生で、あと半年もすれば中学生絵文字名を入力してください


可能ならば、あの中学にはやりたくない。

でも待て、私立中学だとお金もかかるし


今の友達を無くして、一からうまく友人が出来るかも分からない。うーん

私立の中学校は、大抵は
成績優秀な子かヲl

生活のエンゲル係数が高いところが行くんだろうなぁ。

教育界も格差社会か。


経済的にゆとりある家庭が、いい学校を選べる・・ってかぁ?

義務教育も。



あの中学にやるならば相当の覚悟で

「勉強はそこそこでいいです。」
「体罰は絶対しないでくれ。」
「楽しく学習できればいいんです。」
そういう姿勢を貫いていこう。

人と違って結構。

同じじゃなくて、大成功なんだって、そうやっていこう。

坂本龍馬だって
エジソンだって

そう
あのリンカーンだって  学校と合わなくて

トットちゃんも

岡本太郎氏も

ビル・ゲイツも

絵本作家の五味太郎氏も

みんな立派に大人になってるじゃない。



「部活に入らないと入試で不利だ。」とか

「集団生活を学ぶべきだ。」とか

「社会生活を身につけないと・・。」とか・・・

「行きたい高校へ行かせてあげたい。」

おおおお、それはそれは大きなお世話かもしれない。

本気で行きたい高校の目標がある子は

もうそれだけで

言われなくても何をすべきかわかっている。





大抵の子が、行きたい学校なんて自分じゃ選べてない。


背中、押してもらってがんばってるもんだ。

そこで、「こんなはずじゃなかった事件」があったりする。



ちゃんと学校に通い続け、模範と言われる子供が

悪さを隠蔽(いんぺい)する方法を身につけ

部活をやり通した子供も集団でイジメる事を平気でやってる。


友人の犯罪を隠すことが

期待されている“友情”で

罪をかぶってやることが“親友”だと

一体、誰が教えたんだろうか。

「ちょっとぉ、やぁめなさいっでえ。せぇんせいっ~。汗;社会生活、学校でぇ、学んでだらあ、日本は後進国より犯罪や非行は少ないんでないがい?
きっとぉ、学んでるんでねぇよ。なんがぁ、棄ててるんだぁって。学校で。」

お利口さんの仮面で、カオナシ先生をうまく動かした実績は

社会で立派に、大人社会で立ち回れる自信になるんだぁよ。

だぁからサベー
道徳心なんて

学校で教える事じゃなく家庭が教えることだとすれば

学校に行かない自由が許されても良いきりっ


学校へ行く権利があるのは子供自身だ。

義務教育を主張出来るのは大人じゃない、子供本人なんだ。



だから子供には・・

「行かない」事を選ぶ自由がある。

リスクを承知で重い決断する幼い心にjumee☆WeightLifting2b

「不登校児がうちの学校では○人で・・・」なんて

そんなのカンケーない

授業受けてない子に、テストだけは受けるように

いや「受けなさい」アップロードファイルという言い方・・


そんなのカンケーなぁい

成績表は要らないし。jumee☆DaNcE2

「学校に来てないのに、放課後出歩いて、友達に会いに校門で待つのはルール違反だ!!

ta
でも、そんなのカンケーなぁい

友人に会う自由は誰の権利だろう。
病気で休みますとは、一度もいってませんが。bikkuri


心の中の深い深い井戸の中から

その水を汲み出すことが、たった一年だけの担任に出来るわけもなく

期待するのも可笑しく


だから、出来れば

そんなに熱心に指導してもらわなくとも良い。

しつけは先生に期待するもんじゃない。



モンスターペアレントという親御さんが居るらしい。

言えば、何とかなると、思ってるんだろうか。

そうじゃなくて、学校じゃなくて、
我が子だけを、守るしかないんだよね。

我が身を削って、子供に向かい合ってる先生も

いるかもしれない。

いたかもしれない。


きっと、


つぶされる。




学校、行かなくてもいいよ~

そのかわり
集団列車降りたなら、風にあたって、nami一人で歩くんだよ。

だあいじょうぶだから虹・・

大したことじゃない。

お金、正しく稼げれば、この世界では生きていけるよ。お月見うさぎ

教育は義務じゃないぞ。

責任だぞ。

親の。

ちょっとハードな発言でした。


オッパッピー
jumee☆DaNcE2



  1. 2007/11/03(土) 00:08:38|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。