おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

つがいのムカデに気をつけろ

寝静まった頃、次男が「いたたたたぁ~」と飛び起きて
なんか咬まれた、絶対咬まれた~はぁ」と叫んだ。絵文字名を入力してください次男の作品

スタコラサッサと逃げていくムカデと格闘する事しばし。
その後父は、ついにこの季節がやってきた事を悔やみながら
可哀想な次男の足の指にせっせと世話を焼いていた。

前年、犬の散歩中にスズメ蜂Honeyにさされた母の、ステロイド軟膏リンデロンを渡し、朝早い母は“おまかせ”でソファーで寝たのだった。

それから、10日後の午前2時くらいだったか
草木も眠る丑三つ時に・・・マジですか次男が

続きを読む→
スポンサーサイト
  1. 2007/05/29(火) 14:10:16|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

おかえりなさいと言いたい気持ち

朝、8時30分。
仕事に出かけようとするとチャイムが鳴った。

いつものK君だと思っていたが
チビ猿物語のモンだった。(9/1)

息子は当然、まだ夢の中で、
モンとは殆ど絶交状態だった事を思い出し、母は招き入れるのをためらった。

勢ぞろいしてサッカーする時も
目も合わせないらしく
共通の友人達は、それでも、どちらをはじく事もせずにいた。

モンのうちは、やっぱり同級生の溜まり場で
かつての一連の事件後は息子も出入りしていたが

なにか息子の神経を逆なでするような“暴言”を吐かれたらしく
誰かに聞いたのか、直接言われたのか知らないが
「正式に謝罪するまで、オレは(ヘンにスジを通したがるんだなぁ)許さない。母さんもその言葉を聞いたら絶対許せんはず・・・。友達なら絶対言わないだろう事をアイツは言った。もう友達じゃないし、絶交した。」と言っていた。

モンも気がついていたはずで・・(シカトに)
共通の友人も、それは特にK君だったりするが、知っていて
「やれやれ」と思っていたはずだった。

息子は頑固者だ。



続きを読む→
  1. 2007/05/23(水) 22:18:37|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

スーパーティーチャー♪あらわる

小学校の役員会に出掛けていった。
約2年・・・退いてたから、久しぶりの雰囲気だった。

母は、次男のクラス活動をほとんどしてない。
長男6年生の頃に、次男1年生。長女は高校を卒業していた。
子供が同じ学校に重なったのは、この一年間だけ。
その後、
母の役員は中学校へと移動して、
長男の不登校と共に、学校から姿を消す・・・(爆)きゃー!

次男、6年生でクラス役員。
知ってる人は知ってるが、6年のクラス役員は大変なんだわ~。する事多くて。

ところで、一連の議事が終了すると、先日、修学旅行の説明会とやらで
理路整然と旅行先についての変更を父兄に説明した“女先生”PAV登場。
役員へのねぎらいと、今後の方針を熱心に語られる。

なんか、私。
全身の毛穴が開いて産毛が・・鬼太郎のようにたちあがるんだよねぇ・・・な~んでか。目玉おやじヲイ!
トラウマっていうやつ。


隣に座った奥さんを、ちら、と見て
sc06「なんだか、苦手・・・」とつぶやくと
(もちろん、相手はよく見かける方です。)」}」}

「ほら!あれよ・・スーパーティーチャー!!」

へ?
何?それ?スーパーティーチャー?(・・という称号)
それってGTOみたいなやつ?

Great Teacher ONITUKAだっけ。
    ♪いいたい事も言えないこんな世の中じゃ~ポイズンアップロードファイル

嫌味にしちゃあきついし、結構マジ顔だし、いやぁ浦島太郎の私。

「うちの子の担任で、・・・(間)・・はわー;ねぇ。」といい
そのSTの話される事に集中していたいようだった。

それ以上聞けなかったんで終わった。
経験に基ずく自信に満ちていた話は、終わり。
絵に描いたような先生だ。(私の得意の表現、理解に苦しむ事なかれ)
いろいろと改善点が、あるのかしら。
問題の多い小学校なのかしら。
よそと同じやり方にして、統一するのがベストかしら。
すべて決定したかのような間違った印象を、受けちゃいそうですわ。

でも、取り敢えずは「どーぞ。」って思っちゃう。
来年はいないし。うち。


今日、会社で「スーパーティーチャーって知ってる?」と問いかけると
「知ってる。県で10人位、選び抜かれた、先生を育てる先生っていうやつよ。報道してたよ。」って。bikkuri
へえ~。

へぇ~。


へぇ~。
SPIDER MAN知らなんだ

で、「宮崎県だけ?コクバル案?」って聞くと

OL(A) 「・・ん、たぶんね。」
OL(B) 「全国でしょー。スーパーティーチャーだし。」(根拠はなんだぁ?)

ネットで調べてみたら、Yahooで一件。
結構、面白い。
しばし、読みふけってみた。
超教師、または調教師の会・・すなわちスーパーティーチャー。
ああいえばこう言う辞典】「我が家の不良息子とつきあう方法」
1999年11月からなんだ~v
たしかノストラダムスが空から魔王が降って来るって言ってた年だねっ
汗
いや、思いつきです
県の教育委員会が(いや、それもはっきりとは知らないけどぉ・・)選出した「スーパーティーチャー」とは、
趣旨は違ってると思うんだけど、これ。どうだろ。

スーパーティーチャー・・・ご存知でしたか?
皆さんの町にも現われましたか?
どこで生まれ、どこに潜んでいるか、そして何者か。

そうすると父兄は、この先どんな役どころか。
ショッカーかぁ?キーキー!!
アシュラ男爵か。まさかね。
それとも、助けを求めるピーチ姫か。


スーパーティーチャーは、先生を育てる先生・・・ですって。
(スーパーマリオのパクリじゃないよ。)ニセマ○オ

学校は、大変。
先生も。
可哀想。



続きを読む→
  1. 2007/05/18(金) 23:12:46|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

別れ道

暗い悲しい事件がまた起きてしまい
不登校や、ネットや、少年・・・そんな単語に
身がすくんでしまう。

会社でも、家でも、
いろんな所でそれぞれの人が
「怖ろしい世の中」になってしまったと緊張している。

団塊の世代の上司に
「同じ年頃の息子さんがいたよね?全く、今は何が起きるか分からないねぇ。」
と、声をかけられ
仕事のない事務所で、一層、我が身で考えてしまうスイッチを入れられた。



続きを読む→
  1. 2007/05/17(木) 07:19:26|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

揚げ茄子のそぼろあんかけ


新婚の時、作ってみたら
えらい喜んで食べてくれた。

なんだか
何年も作ってない事を、思い出して

今夜は
でっかい茄子を・・・5本。
素揚げにして、タレにつける。

カロリー高いよ~、螯rヲW、J、O

写真のUPはなし。

あの頃のようにはいかない。まるで家畜のえさだわbuu
育ち盛りが3人。すでに座って待ちくたびれていた。

白い手や、黒い手や、毛深い手や、まだまだ小さい手が
黒山の茄子をはしでつかみ出して

あっという間に完売。

こんな日が
あと何回あるんだろう。

今夜のおかずは
母のベスト10に上書きしようと思った。

脱落の一品は・・・・や、焼き茄子?(爆)



  1. 2007/05/14(月) 20:57:34|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

中学校の風が吹く

この団地では、
地区清掃日に、家族から1名がでて側溝の掃除がある。

我家は大抵、父が出てくれるが
私も自宅を囲む道路の草を引く事にしている。

同じ地区に、中学の男子テニス部の父兄がいて
見つけられると、まぁ大きな声で
「元気や~?調子はどうね~?」から・・・始まる。
悪い人ではない。
で、深い人でもない、気がする。
今、息子達双子は三年生で、レギュラーとして頑張ってる様で、
真っ黒になって登校してるのを良く見かけていた。
父と同郷で、親しみを持ってくれているようだが、
母としては、息子が痛めつけられた「あの世界」の近況は出来れば聞きたくはないし、
こちらの近況をまた、「あの世界」の人たちに詮索されたくもない、
と思っていたはずだった。

清掃をして側溝を、たどっていく一団が坂を下って行っても
彼女は、「一番気になってる事」まで話を引っ張る様子だった。

「・・・で、兄ちゃんは?」

(やっぱり、きたか)
「うん。元気で勉強もしてるし、レポートも追われないでやってるみたいよ。」

「そうりゃあ、よかったわぁ。それで、昼間はなんもしよらんとやろ?」
(働いてるかどうか、って事か。)

「そう。普通の高校生として今は自由にさせてるよ。バイトしたいと思えばするやろうし、遊びたかったら遊べばいいし。」

「そうそう、それでいいわぁ。・・女ん子とか、来るやろ?ちなニヤリ兄ちゃん。」
(はいはい、今度はそこに来たか。)

「友達はいろいろ来てるようやね。PAV仕事に行ってる間は知らんけど。」

不思議と母は、面白がっていた。
私が変わったのか、ちっとも逃げ腰でなかった。
なんだか悪意を感じなかったからかもしれない。
単純に・・・質問攻めポカーン
むしろ、こんな風に集めた情報は、彼女にとってどう役に立つのかなぁ・・と、
ちょっと、きっと近況を話したいんだろうと思って、こう言ってみたんだけど。

「相変わらず、先生崇拝してると?お母さん達。」
bikkuriそらぁそうよぉ~じゃないとどうなる?あそこで!!」
「大変ね~はわー;
「あとちょっとじゃかいよ。」

彼女は、私の「先生拒否」をしっかり確認した模様であった。

この夏にあと少しの試合を終えると、三年生は部活が終わり
受験モードに入る。
燃え尽き症候群で、不登校になった子が居た。
私服で遊びまわる子供たちを、先生が放課後、散策するんだ。
中学校へは徒歩通学距離にある我家に
学校に行ってるはずの子供が居た。

先生が「○○、来てませんか?」と尋ねてきたし
「はい、誰か来てますよ。」とは応えるが
母は、息子の許可なく先生を部屋に絶対通さなかった。

2階ベランダから飛び降りようとした子がいたな。マジですか
「ちょっとちょっと・・おいおい。」息子は苦笑いで止めた。
どの子もいい高校生になってmadokawatarukazumaamanohashi
ちょっとカッコよくなって、今は楽しそうに我家に来る。


そんな事考えながら、ちょっとうわの空でいたら
「父兄は2つに別れちょっと!
先生にどんどん話しかけて、何でも協力を惜しまないグループと、
私らみたいに遠くで見てて、できるだけ離れてるグループと。
○○さんとか、しょっちゅう携帯で話してるみたいで・・・。」

相変わらずで、目に浮かんだ。
我が息子が、逞しく成長するのを楽しみにしている母たちの日常は
あの頃の私。
少年達は、毎年、毎年ところてんのように
入学しては卒業していく。

来年の事、また考えながら
突然の中学校の風に吹かれた私は
中学校に一から行く事・・・ほんとに憂鬱な気持ちになった。




  1. 2007/05/13(日) 13:46:53|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

息子の宝物

連休前に、息子はPCの前に座り続けていた。
何かを探している様子で、こんなとき大抵、私に語りかけて
欲しいものを“匂わしてくる”のだが、
今回は頬杖をついて黙ってひたすら捜し続けていた。

その内、父を呼び、楽器を買おうとしていることに気がついた。
もう決めていて、注文と支払方法の相談をしていた。

連休中は、宅急便を待ち続けて、家を離れずにいたが
バラバラになったかつてのバンドのメンバーが集まって、
ライブに友情出演するというので、出掛けて行った。

帰宅後、届いた宅急便を横目にまず・・夕食。

なんだか自分をじらす様に、箱を眺め眺め・・・おもしろいやっちゃ。

階段を持ってあげられない大きさだと言ったのだが
どうにか、たった一人で持ち上がり
空箱と、発砲スチロールと、空気まくらを二階から投げ落としてきたbikkuri

また、そーいうことする!!

どんな顔で開けてるか知らないが、息子は小さい頃、どんな小さいプレゼントでも体中で喜んで見せた。
子供は大抵そうかも知れないが・・。
お姉ちゃんは、ニヤリ「アと笑って、そっと手紙をくれるタイプでしたから・・(笑)

その、喜びの表現力は回りを幸せにする力があり、
息子はホントによく人から贈り物をもらう天才だ。

母も、操られてついつい買ってあげたことも・・・あったと思う。(反省鼻血

次の日は、ドラムのレッスン日。

息子は大きな楽器ケースを抱え、車の後部座席に乗り込んできた。
いつもは、荷物をどさっと投げ込み、自分は助手席に座るのだが?・・あれ?と思いつつも、出発する。

夕べから何も聞かず、見にも行かず、無関心な母にきずいていたのか
自分から、突然、話し始めた。

最初はこうだ。
「お母さん。こっちが100%悪くなくて事故ったら、全部相手が弁償するとよね?」

バイクの話かと思い、答えた。
「そうね、入院費も車輌代も過失の割合で、保険で支払うっちゃけど。動いてる車同士では100%って有り得ないみたいよ。」
これは、息子の聞きたい事ではないらしい・・ま、よくある事。(さらに落ち込み

「いや、その、車に積んである貴重品が壊れた時は?弁償はある?」

どうやら、相当大切らしい。
それが、壊れるほどの追突事故なら、命も保障できんわなぁ・・
「さあ、わからんけど、保険かけてるのは車と人間やないと?」
息子は黙っていた。

命より大事?まさかね。
バックミラーでちらとみると、「スネア」とか言うらしいその“太鼓”をぴったり傍らに付けて、しっかりと掴んでいる。

「自分のお金で買った物では、一番の大物やね。」
と察して言うと(声だけでの判断で・・)しみじみと

「そうやとよ~。」
さらに
「今日は○○○君に(先生)調節してもらって、アドバイスしてもらおうと思って・・・ま。
安モンやけど、先生クラスからすれば・・・」


私は更年期の影響でか、一瞬、胸が熱くなった。

「夕べは夜中に目が覚めて、またケースから出してみたり・・ちょっとファスナーを開けてみたりしたっちゃがー、クククアップロードファイル
そういいながら自分を笑っている。

3歳の頃、握り締めて寝ていた“トミ○”のショベルカーを思い出した。指を開こうとすると、力をいれて・・お風呂でも離さなかった。

それ、激しいリズムで叩く目的・・・よね?大丈夫?力、入るか?


小学校時代のからの友人がバイクで遊びにやってきた。
一生懸命バイトしてるみたいだ。

息子は部屋でドラムを叩いている。

次男はうちの向かいの公園で、野球をしている。
喧嘩の仲直りをしたらしい。

子供の宝物は、
親が与えてあげて、喜んでくれるうちは親の幸せ。
自分で見つけてくれれば、親はもっと幸せなものだと思った。


  1. 2007/05/06(日) 09:16:17|
  2. ドラム息子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

次男の願いかなえて

連休は、前々から次男が希望していた
「牛の乳搾り体験」に行く事にした。
目的地は高千穂牧場
出発時間は8時。到着は9時半。ここでも、知事は働いている。 070503_0947~0001.jpg



続きを読む→
  1. 2007/05/05(土) 09:46:00|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あれから一年

高校に合格して、一ヶ月を過ぎた頃
この大型連休が来た。

やっと登校してるのは分かっていたので
ストレスリセットのちょうどいい時間だと思った。

息子はたぶん、
私のため、家族の為、自分の事を分かろうとする誰かの為に
また、頑張ってみたのだろう。

連休明けには「頭髪検査」が待っている。
短髪にするのは、まだ無理な気がした。

中学での事情を担任にも話しておけば良かったかもしれない。
「ボーズ」がきっかけで不登校になった事。
身体に強制をうけることに、強い拒否反応があること。
そのこだわりは、幼児の頃からだったこと。

でも、その頃の母は「先生不信」で一杯で
どの先生に、どう心を開いてどう力を込めて話していいかもわからなかった。

入試前に、結構思い切って切った髪も、すっかり襟につき、揉み上げも伸びていた。
20070502092736.jpg



続きを読む→
  1. 2007/05/02(水) 10:19:28|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。