おかえりなさい  

泣きたくなったらおうちへ帰ろう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自分を教える事

次男が冬休みに入り
息子も後期の最後のレポートを無事投函。
今朝は、お弁当を2人分、テーブルに置き、手紙を置いて出勤した。

帰宅すると、いつも真っ先に
「ああ、腹減った~」とうろうろするか
部屋で、がんがんドラムを叩いてるか・・・の息子が
静まり返っていた。

雨が降ったのでびしょびしょに濡れた洗濯物。
空のお弁当箱やコップは、テーブルにほったらかし。
父に叱られた次男がせっせと動き回っていた。

夕食の準備が出来て
いつものように、ベルを鳴らす。
「カランカランカラン
どどどどどっと階段を駆け下りてくる・・・はず。
あれ?
お兄ちゃんはいると?
次男「いるよ。」

食卓に着いた息子の
久しぶりに見た「鬼の顔」
なんかあったんだろうなと気がつく。

そういえば、今朝は珍しく誰も来なかった。
関係あるかな。
おかわり!水!と誰彼構わず、立ってるものは親でも使え・・の息子が
静かに立ち上がって、自分で2杯目をよそいにいく。


続きを読む→
スポンサーサイト
  1. 2006/12/26(火) 00:51:15|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

眠れない、起きれない

朝は起きなきゃいけない・・・・と
息子はうすうす思っている。
でも、最近また、完全逆転していて内心焦っていたらしい。

母は、全く責めない。
いつまでも寝ている事に対して小言を言った事は
覚えてる限り・・・一回もない。
本人が気まずそうに起きてくるのが分かるから、それで充分だと思う。

ものすごいボリュウムでステレオを目覚ましに設定しても
すぐに母が部屋に入ってきて、スイッチを切る。

寝付けずに焦る夜には
焼酎を持ち出して、生で飲んで、カーッとなったところで
布団に潜り込む事もあるらしい。
一人で何とか早く寝ようと七転八倒・・・する時もあるようだ。

開き直って、好きなだけゲームをしている時もある。
暗くなってはドラムは叩けないから、うちにあるビデオやDVDは
手当たり次第に観ている。(韓流以外)
家族の記録も、弟の出産の思い出のシーンも、幼かった頃の遊園地の一日も・・息子の部屋でテープは高く積み上げられている。
ディズニー・ジブリ・ディカプリオ・ジョニーデップ・etc
母が中古で買ってきた清く正しい?子供向けのシリーズは
深夜・・・から朝にかけて「孤独な時間」を過ごす息子の
暇つぶしに役立っている。

インターネットはリビングだし、その横の部屋で寝ている母は
3時30分から4時には起き出して仕事に行く。
その時に起きている(遊んでいる)と何かしら責められるらしい。
母の無言は、結構多くの言葉になって息子に語ってるのかもしれない。自分の部屋に上がっていく足音を・・・母は知っている。

あちこちに息子がつけっ放しの電気を消し
息子の部屋を覗いて
眠っていると・・・安心。
起きていても、
「今から、行って来るね~。」と言えば
「うん。気ぃつけてね。」と言って送り出してくれる。

続きを読む→
  1. 2006/12/20(水) 21:45:12|
  2. 「学校すかん」長男|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

年末大蔵ざらい

2006年が終わろうとしていますね。
大掃除はいつのご予定でしょうか。
私どもは、こつこつと、あちこちにばら撒いたものを

あるものは、あるべき場所に

あるものは処分して、

あるものはお譲りしたいと書き出しました。

 

身から出たサビを入れる貝殻   
   時が経つとサビはパールの粉末に変わります。サビの生産量の多い方・・
   貴方の一部をオリジナルのきらめきに変えてみません?

転ばぬ先の杖  
   息子の為に揃えたもの。雨用、晴れ用、雪用、いざという時用、と取り揃えました。未使用。
   (注)これは自分用として準備する事にこそ意味があるようです。

明日の風の風見鶏
   「明日は明日の風が吹く」前日には方角が分かります。使い方自由。覚悟するのには便利。

気持ちの整理箱
   ぴったりサイズがあれば、どうぞお気軽に持っていってください。

涙の蒸留酒
   泣きたいけれど泣けない方に・・・ただし悪酔いします。

私の頭の中の「消しゴム」
   完全予約制でお申し込み受け付中。
   要らない思い出を、私の頭の中までお持込みください。
   将来、消えてなくなる事をお約束します。

先入れ先出し用ファイル
   先に入ってきた悲しみは先に出しましょう。整理整頓の必需品。


この季節の一番の楽しみは来年の手帳です。
真っ白いページには
新しい教科書を手にした時に似た希望が匂ってきます。
 
ある年は「県民手帳」を姑にいただいたり
ある年は奮発して「皮革の表紙」のを買ったり
不二家のペコちゃんの年やコープのもあった。

ドーナツ屋さんの福袋に見つけたりもした。

いろいろあって
どれも使いこなして・・・達成感がある。
我ながら、変なところにチャレンジするもんだなあって思う。

それなのにダイエットの記録だけは挫折してしまう。
「脂肪を燃やす貼るだけシール」
「セルロースを溶かすビール」
お持ちの方・・・いませんか?











  1. 2006/12/15(金) 21:59:19|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

朝の始まり

イラストメーカーで遊んでいます。
初めて、今日・・ポチッとしたかたがいれば
こんな私の姿で、どんな母かと思うでしょうか。ハハハハ

最近は毎朝のように、息子の友達がくる。
7時前に来て、息子の部屋にあがりヒーターをつけて、定時には
「お邪魔しました。行ってきま~す。」と登校する。
(息子は大抵、ベッドから起きては来ない。)
そんなK君は、ついにスポーツ推薦で行った高校の、サッカーを辞めて
夕方早めに、うちに帰ってくる。
息子は、起きていて迎え、部屋でどうやらドラムを伝授してるらしい。
K君は、夕方のバイトを見つけてきて、息子を誘ったらしいが
夕方は、いつバンドの練習があるかも知れず(メンバーは全員高校生、スタジオ練習は放課後しかない)断ったようだ。

この2・3日には、別の高校にいくⅠ君が朝、加わった。
「おはようございま~す。」といって、さわやかな健全な180cmが2人、毎朝やってきて、眠れる王子様の頭もとで、大笑いをしている。
Ⅰ君はサッカーから転身、空手でのスポーツ推薦で高校に行った。
彼も、近所のうどん屋さんで、バイトをしている。
ここは、かつて長女が学生時代バイトしたところで、オススメだが息子は首を縦にふらない。

その間に、遠い僻地から登校しているバンドのメンバーが、うちにバイクを置いて、着替え、自転車で高校に出かけていく。
「まだ、寝てるんですかぁ?あいつ。」と笑いながら、また夕方やってくる。ここから、行動する放課後の予定があるのだろう。

次男が登校して
長女が仕事に出て行くと、
にわかに忙しく動き出す私達は、夫婦で、
ゴミだしと、犬猫の食事とトイレの世話、
父が、得意なモップかけを(笑)する間に母が洗濯物を干す。

父と、健全な高校生達は同じ時間に出掛けていく。

静まり返ったリビングで、魔法使いのお母さんが顔のペイント。
これからは仕事に出かけていくことになる。

息子は、ゴソゴソしていたかと思うと、再び睡眠に入っていく。
眠れる森の王子様。
息子が使わない時間が、もったいない・・・。


続きを読む→
  1. 2006/12/09(土) 17:07:12|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

サバイバル

むかし、太陽が昇ると共に人は目覚めて
一日が始まったことを知り、
それから・・何をしただろう。

生きるために必要な事は
食べる事
安全な場所
そして仲間がいれば・・・それは家族でも良く。

自分と、愛する仲間とが笑って過ごせる為に
そう誰かの為に
一日を想像しただろう。

火を熾し
共に食べ、命を永らえる事だけでなく
歌ったり、踊ったり、笑ったりしながら
人を脅かさない無言のルールのなかで
自分一人では、幸せではない事を身体が知っていたはずだ。

『無人島に何を持って行く?』

誰でも知っている質問で、ありえないと思いつつつ、適当に一度くらいは考えた事はあるかも。

娘が「お父さんは毛布やろ。」
確かに寒がりの父には必需品。本人も否定はしない。

息子が「俺はナイフ、ライター、・・・」
そうか・・・息子がそれを持っていくならば、私は
「バケツ・・塩・・・ビニルシート・・」

おいおい・・ピクニックかい。

そこで、誰が最初に死ぬか・・という話しになる。
(ちなみに我家は、災害物の映画が大好きです。津波、地震、ハリケーン、転覆、火災、宇宙からの侵略まで・・・)

一番最初は・・・お父さん。・・・うん、そういう位置にいるんだよねえ。
次は、次男。
そして長男・・・ときた。

やっぱり男は先なんだ。やわ・・。

全員一致で「お母さんは生き残る。」と言う。
これは願望か?
確かに見届けないとって思っちゃいますけど。


続きを読む→
  1. 2006/12/05(火) 22:35:51|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

それぞれのライブ

日曜日は次男の学習発表会がありました。
同じ時間に、息子はライブハウスにて2回目のライブ。

私は、次男が泣きながら練習した・・という合奏と歌を聴きに
いざ!小学校へ!!
061203_0934~0001.jpg
プログラムが進む中で
2年前、息子と一緒に行ったカウンセリングの先生の言葉が頭をよぎった。
日本の国は、同じ年代の子供を同じ場所に集めて、遊ばしたり、運動させたり、勉強させたりしてくれる制度がある。遠足、旅行、歌、子供を教育する為によい事をたくさん経験させてくれる。こんなことは、できてない国もたくさんあるなか日本の子は幸せだよ。
息子クンは、これをぜんぶ受ける権利を「国」に保障されている。

髪が長かろうが、部活やめようが、がたがたいうな・・・って言ってやんな。
友達に会いたいでしょう?あって遊んだり、走ったり、笑ったりする為に、それだけでもいい。休み時間の為だけでも学校行っていい。
その権利があるんだよ。学校に行く権利。友達に会う権利。誰にも奪えない。
ただし、人の権利のジャマはしちゃあだめ。勉強したい人にはその権利がある。
人は、一生懸命打ち込んでる姿が、私は「美しい」と思うのよ。どんな事でも・・・ね。
そんなもの・・君も見つけてよ。
そう言って励ました。

そんな言葉を思い出しながら、
今頃はリハーサルで・・一心にドラムを叩いているだろう、
あれから2年後の息子の今を、母は嬉しく思っている。

一方、次男は
ここに一同に集められて、同世代に産まれ、共に成長していく仲間と
きっと何の疑問もなく、
並んだり、移動したり、楽器を演奏したり
笑ったり、拍手をしたり・・・
友達とこずきあったりしながら、座っている。

みんなと一緒にずっと、歩いていける・・と信じている。
少し、遅れたりしながらでも友達と、待ったり、待たせたりしながら
同じに生きていけると信じて過ごしているのだろう。

息子の『不登校宣言』のショックから
私は、次男もまた、いつか、きっかけがあり、
自分の中の声を、感情を、優先しはじめる時が来るのではないかと恐れている。
誰かがそのスイッチを押すのか・・と思うと想像しただけで動悸がする。

覚悟・・していようといまいと、予期しない事は起こるのだ。
起こってからの事だ。
生きて、大人になるまでにはそんなことあって当たり前・・・そう打ち消しながら。

そんな不安で一杯の、情けない気持ちでいる母の聞いた、次男の学年の演奏は
涙が出そうなほど素晴らしく
演奏が進むほどに、さまよっていた想いを吹き飛ばしてくれた。

感動した。
大きな口を開けて、指揮者を見てる子供達の姿はいとおしかった。

『異邦人』
子供達が 空に向かい 両手を広げ
鳥や 雲や 夢までも
つかもうとしている

その姿は昨日までの 何も知らない私
あなたにこの指が 届くと信じていた

空と大地が広がるかなた
過去からの旅人を呼んでる道

あなたにとって私 ただの通りすがり
ちょっと振り向いてみただけの
異邦人



続きを読む→
  1. 2006/12/04(月) 11:52:17|
  2. ノビ太癒し系|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

季節労働

一年の半年は
労働保険税関係の事務の仕事です。

この半年だけの拘束、っていうのが気に入っています。

例年は1月からなんですが
今年は新システムの雑用で12月からです。5月まで。

事務所の雰囲気は心配どおりでしたが
「大根格闘談」で今日はまあまあの笑い声もありました。

ブログから離れないようにしたいです。

ブログを通して、知り合えた皆様。
今年最後の一ヶ月、
風邪など引かないように、(嘔吐下痢もはやってますよ)
いろいろイベントも目白押しでしょうが
健康第一で
楽しく明るく、前向きな中高年のパワー全開で・・・往きましょう
フレーッ!!フレーッ!!オッカーアン!!
ソレッ フレッフレッワタシィ・・・

  1. 2006/12/01(金) 23:35:05|
  2. 楽我記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。